名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • »
  • 遺言は、誰でも何でも書けるのですか?

誰でもというわけにはいきません。意思能力{正常な意思(本心)}を持っている人でなければなりません。
気が狂っていたり泥酔した場合などは、効力がありません。また年齢は15歳以上であれば未成年でも遺言ができます。
内容はどんなことでも書けます。遺言は最後の自由意志を実現させるためのものですから、何を書いてもよいのです。ただし、そのすべてを実行できるとは限りません。
遺言には法的に効力のあるものとないものがあって、効力のないものは遺族に強制することはできません。しかし効力のないものでも遺言者の意思を汲み取って、遺族がそれを実現してくれればそれはそれでよいでしょう。

法的に効力のある遺言事項とは
@ 財産に関すること
・ 相続分の指定
・ 遺産分割の方法の指定
・ 遺産分割の禁止
・ 相続人の担保責任の指定
・ 特別受益の持ち戻し免除
・ 遺贈減殺方法の指定
@ 身分に関すること
・ 推定相続人の廃除とその取り消し
・ 嫡出でない子の認知
・ 後見人と後見監督人の指定
@ その他
・ 祭祀承継者の指定
・ 遺言執行者の指定
などがあります。

Posted in: 遺言

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.