名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • »
  • どんな場合に遺言を書いたほうがよいのでしょいか?

遺言を書いておけば被相続人が亡くなった後、遺産の分割に寄る争乱を防ぐことができます。昔に比べ土地の値段が高くなって遺産の金額が大きくなり、争いも激しさを増す傾向にありそんな時遺言があれば皆が納得する可能性が高くなります。

書いたほうがよい場合とは、
@ 夫婦間に子供がいない場合
@ 非嫡出子がいる場合
@ 子供に平等でない割合で相続させたい場合
@ 相続人の子供が先に亡くなった場合
@ 相続人の中に行方不明者がいる場合
@ 相続人の一人を廃除したい場合
@ 相続権のない孫や兄弟姉妹に財産を残したい場合
@ 息子の嫁に財産を残したい場合
@ 内縁の妻に財産を残したい場合
@ 同族会社や個人事業者で、後継者に指定しておきたい場合
@ 生前世話になった第三者に財産を贈りたい場合
などがあります。

Posted in: 遺言

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.