名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • »
  • 相続財産をもらえる人はだれですか?

民法で相続人になれるのは、配偶者と血族です。
配偶者(夫から見れば妻、妻から見れば夫)は必ず相続できます。
血族とは、直系卑属(子や孫)直系尊属(父母、祖父母)傍系血族(兄弟姉妹、甥、姪)で、一定の範囲を定めて優先順位がきまっています。
「第一順位」 直系卑属(子や孫)
「第二順位」 直系尊属(父母、祖父母)
「第三順位」 傍系血族(兄弟姉妹、甥、姪)
@ 被相続人より先に相続人である子が死亡したけれど孫がいる場合、兄弟姉妹は死亡しているが甥姪がいる場合、孫や甥姪は子や兄弟姉妹に代わって相続人になることができます。これを代襲相続といいます。
@ 胎児は、「相続については、すでに生まれたものとみなす」と法律にあり、相続においては子とみなされます。
@ 正式な婚姻関係にない男女間の子を嫡出でない子、非嫡出子といいます。父親から認知を受けて、はじめて相続権が生ずることになります。
@ 養子は、養子縁組をすることにより、実子として扱われます。
@ 相続欠格者(違法行為を行ったために相続人として資格がないと認定された人)は、相続することができません。相続欠格とは、次の場合です。
・ 故意に被相続人または先順位もしくは同順位にある相続人を死亡するにいたらせ、またはいたらせようとしたために刑に処せられたもの。
・ 被相続人が殺されたことを知って、これを告発、告訴しなかったもの。
・ 詐欺、強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これを取り消し、またはこれを変更することを妨げたもの。
・ 詐欺、強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、または取り消させ、あるいは変更をさせたもの。
・ 相続に関する被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿したもの。
@ 相続欠格ほどではないけれど、相続人になるはずの人が被相続人を虐待したりした場合、被相続人の意思によって推定相続人から相続権を奪える制度が認められています。これが相続廃除で、次の場合です。
・ 被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたとき。
・ その他のいちじるしい非行があったとき。

Posted in: 相続

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.