名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • »
  • 相続税は誰でも払うのですか?

相続により財産を取得したひとは、相続税の申告、納付義務を負います。しかし払わなければならないのは基礎控除額を超えた人のみです。
基礎控除額とは、5000万円と法定相続人の人数に1000万円を掛けた金額の合計です。
例えば、相続人が2人の場合で相続財産が1億円の場合、
基礎控除額=5000万円+(1000万円×2)=7000万円です。
相続財産が1億円ですから、そこから7000万円を引いた3000万円が課税の対象となります。
@ ここでいう相続人は法定相続人であり、相続放棄があった場合にも数にいれます。 .
@ 相続人に養子がいる場合には、実子がない場合には2人まで、実子がいる場合には1人まで相続人の数にいれられます。
@ 配偶者には税額軽減措置というものがあり、配偶者は法定相続分(その額より1億6000万円のほうが大きい場合は1億6000万円)まで無税となります。
ゆえに、相続税を払う人は全体の5%ぐらいですので、支払う必要のない人が圧倒的に多いです。

Posted in: 相続

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.