名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • »
  • 遺贈と贈与の違いについて教えて下さい。

遺贈は、遺言で自分の財産を特定の人にただ(無償)で与える行為です。特に相続人 以外に与える場合を遺贈と言います。遺言者が一方的に決めるもので遺言者の死亡によって効力が生じます。贈与は財産をあげる側ともらう側が契約、合意して成立する行為です。生前の贈与を生前贈与、死亡のときから効力が発生するよう定めた贈与を死因贈与といいます。死因贈与は贈与者の単独行為ではなく受贈者(相手方)のある不確定期限付きの契約であることから受贈者の同意が必要になります。

Posted in: 相続

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.