名古屋市昭和区、千種区、中区の相続、贈与、遺言をよそより安い報酬を目指して引き受けます。

2015年1月以降の相続税

  • HOME »
  • 2015年1月以降の相続税

相続税増税に備えて、やるべきことは貯蓄?

2015年1月1日以降の相続から、相続税が増税されます。

何故、増税か?

簡単に言うと、相続税の基礎控除が縮小されるからです。

基礎控除額は、以下の数式で計算します。

2014年12月31日までは、5000万円+1000万円×法定相続人の数

2015年1月1日以降は、3000万円+600万円×法定相続人

単純に計算すると、相続する財産の合計が、5000万円の場合、

現行では非課税、2015年1月1日以降は課税される可能性があります。

名古屋市内に一軒家をお持ちの方は、相続税を支払う可能性が高くなります。

さて、課税された場合の相続税は、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内に納付する必要があります

相続人に預貯金が一切なく、

相続される財産をあてにしなくてはならない場合は、注意が必要です。

相続が発生した場合、故人の銀行口座は凍結されます。

そして、相続人全員の総意による凍結解除まで預金は一切引き出すことが出来ません。

相続問題が長期化すれば、相続人の生活に支障をきたすことも考えられます。

こんな事態を避けるために、お勧めするのが次の2点

1.貯蓄

2.遺言書の作成

貯蓄

葬儀代や入院費等、その後の相続税の支払いに必要な額は、予め貯蓄いただくことが望ましいです。

貯蓄額の目安については、ご一報いただければ算出させていただきます。

遺言書の作成

スムーズな相続を行うために必要です。

また、自分がどれ位相続税を払う必要がるか、事前に知ることも可能です。

ショートストーリー「相続はじめて物語 2015」

2015年1月以降に相続が発生したある家族のお話です。

読んだかたのご参考になれば、幸いです。

相続はじめて物語 2015

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 受付時間: 9:00~19:00(土日祝除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.